Lab. of Urban Ecological Planning (Yokota Lab.), Faculty of Environmental Studies, TOKYO CITY UNIVERSITY

研究テーマ

  • HOME »
  • 研究テーマ

卒業論文

■ Ecological Network

2015年度

  • 牛久保西地区の緑道内のトンボ相と水辺環境の関係性の評価
  • 牛久保西地区の緑道におけるチョウ類の種組成とバタフライガーデンによる誘致効果の評価

2016年度

  • みなとみらい21中央地区におけるチョウ類生息適地ネットワーク評価
  • 帷子川流域小川アメニティにおけるホトケドジョウの生息適性評価
  • 横浜臨海部および周辺市街地におけるチョウ類種組成とその形成要因

2017年度

  • みなとみらい21中央地区の街路・緑地空間における暑熱環境とチョウ類の生息との関係性
  • 表参道・原宿地域の建物緑化地における植栽配置とチョウ類の行動との関係
  • 表参道・南青山地域におけるチョウ類群集と市街地内植生環境の関係性の評価
  • 港北ニュータウンの残存緑地におけるニホンアカガエルを指標とした湿地環境評価
  • 茅ヶ崎公園自然生態園における植生環境がニホンアカガエルの生息に与える影響
  • 旧深谷通信所跡地における草地環境のモザイクが鳥類種組成に及ぼす影響

2018年度

  • 表参道・原宿地域の屋上緑化地を対象としたミツバチの蜜源植物の分布に関する研究
  • 横浜市青葉区内のビオトープ雨水調整池における内部環境と鳥類生息状況

en

■ Landscape Management

2015年度

  • 横浜市都筑区における個人住宅の庭を対象とした生物調査プログラムの改良と適用効果の検証

2016年度

  • 企業が運営する都心型市民農園における農体験に対する利用者意識の評価 − 体験農園マイファームを事例として-
  • 港北ニュータウン牛久保地域における緑地管理活動に対する公園・緑道愛護会の課題認識
  • 東横フラワー緑道の維持管理に関する一般利用者の参加意識と愛護会による課題認識

2017年度

  • 「京浜の森づくり」における生態系への効果と社会的取り組みに関する研究 ~生麦・大黒地区を対象として~
  • 「全国都市緑化よこはまフェア」を契機とした花卉植栽形態に応じた来街者の行動
  • 滞留行動の視点からみた「全国都市緑化よこはまフェア」前後における
    街路・公園利用形態の変化

2018年度

  • 都心近郊の団地外構空間における緑地環境構造と居住者の意識構造評価
  • 二子玉川ライズ・ルーフガーデンにおける夜間利用が利用者に与える生理・心理的効果
  • 商業施設のテナント従業員による建物緑化・生態系配慮への認識に関する研究 -東急プラザ表参道原宿を対象として-
  • 横浜みなとみらい21中央地区における子連れ利用者の公園利用意識の評価

sg

■ Green Infrastructure

2016年度

  • 集水域を骨格とした生態空間形成にむけた雨水調整池の立地環境評価 ―横浜市内河川流域を対象として-
  • 鶴見川流域の公園内における気温分布とソメイヨシノの開花・紅葉・落葉時期との関係
  • 若葉台団地内の外構植栽基盤における雨水保持特性の評価
  • 帷子川中流域における急傾斜地危険区域内の緑地環境特性

2017年度

  • 港北ニュータウンの造成基盤上の植生環境が雨水浸透能に与える影響

2018年度

  • 帷子川流域における集水過程に着目した緑地立地環境の類型化
  • 横浜市若葉台団地の外構部における下層植生・土壌条件に応じた雨水保持特性
  • ケヤキ街路樹における根上がりの立地・生育環境に関する研究 -あざみ野・たまプラーザ間を対象として-
  • 世田谷区玉堤地区を対象とした戸建て住宅敷地における雨水流出抑制評価ツール作成と適用
  • フィリピン・ラグナ湖周辺を対象とした将来土地利用シナリオによる流出量変化の予測

gi

修士論文

2018年度

  • バンコク郊外の水田農家における土地利用形態の変容と洪水・渇水リスクに対する適応意識
PAGETOP